まかせて安心!文京区で頼りになる不動産会社ガイド

絶対に失敗しない、文京区の,不動産会社を選ぶ方法を紹介します

まかせて安心!文京区で頼りになる不動産会社ガイド

まかせて安心!
文京区で頼りになる
不動産会社ガイド

絶対に失敗しない、文京区の不動産会社を選ぶ方法を紹介します

おすすめ!あなたの目的で選ぶ!
不動産会社はコチラ

不動産を売るときの手続きとは

 不動産売却の流れや必要な手続き、これから売り出すならしておきたい手続きについて説明しています。

不動産売却の流れと必要な手続き

自宅や土地など、保有している不動産を売る際には、以下の流れで進むことが多いので、一般的な流れを知っておきましょう。

1.その地域の相場を知る

「まずは査定じゃないの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。確かに、実際の手続きは査定が最初ですが、その前に地域の物件の売却額の相場をしっかりと調べて頭に入れておきましょう。

査定額を把握しておくことで、買い叩かれるリスクが激減します。

2.査定依頼

不動産会社に査定を依頼します。しかし、不動産会社ならどこでも良いというわけではありません。中には地域情報に疎かったり、買い叩くのが当たり前になっていたりする不動産会社もあるため、どこにお願いするかは慎重に決めなければいけません。

不動産会社を選ぶポイントは多々ありますが、信頼できる会社を選ぶ基準として、このサイトでは宅地建物取引業免許の更新回数をひとつの目安としています。

この基準で選んだおすすめの会社を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

文京区の不動産売却でおすすめの3社をピックアップ

3.査定

査定と一口に言っても、物件所在地近隣の取引データを基におおよその価格を割り出す「机上査定」と、現地の状況を細かくチェックし、登記簿や間取り図だけでは分からない情報も加味して算出する「訪問査定」の2種類があります。

机上査定はスピーディー、訪問査定は正確というメリットがそれぞれあります。より具体的な金額を知りたい場合は訪問査定がおすすめ。

より高く売りたい場合は複数の不動産会社に査定依頼を出すことが鉄則ですが、あまりに相場からかけ離れている場合は注意が必要です。

4.仲介を依頼する

査定が完了した後は不動産会社を選び、媒介契約を結びます。媒介契約にも種類があり、「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3つに分けられます。

「専属専任媒介」「専任媒介」の場合は、買い手探しを特定の不動産会社に一任するため、より熱の高い買い手が見つかります。

一方、「一般媒介」の場合は、複数の不動産会社に買い手探しを依頼できますが、会社によっては受け付けてくれなかったり、優先順位を低くされてしまッたりするケースもあるようです。

媒介契約に併せて、売却する建物の検査や瑕疵保険の加入などを行う場合もあります。

5.物件を売りに出す

査定額をもとに売り出し価格を決め、いよいよ物件を売りに出します。物件情報を自社ホームページや不動産物件情報サイト、チラシなど、多くの媒体に載せて購入希望者を募ります。

会社によってはスタッフが運営するブログや動画共有サイトなどでも、物件を紹介してくれます。

6.購入希望者との交渉・情報開示

購入希望者が現れたら、売却に関する交渉や情報開示を行います。価格はもちろん、さまざまな情報を開示して物件の不具合や欠陥なども伝える必要があり、売買契約に向けて詰めていきます。

7.売買契約締結

売買条件に合意が得られれば、買い手と売り手が売買契約を締結します。このときに、物件価格の10~20%が手付金として支払われます。

8.引き渡し

引き渡しの際に抵当権抹消や所有権の移転など登記手続きを行います。また、売買代金も全額、このときに受け取ります。

引き渡しにあたっては建物や設備に不備がないか点検する必要があります。後々のトラブルを避けるためにも、必ず立ち会って十分に確認しておきましょう。

住宅診断実施可否の開示が義務化

2018年4月以降に売買契約を結ぶ中古住宅において、該当物件で住宅診断が行われたか否かの説明義務が不動産会社に課せられることになりました。

安全な住宅を求める人にとって、住宅診断がされており、かつ、購入を希望していた物件に何の問題も無ければ、購入するかどうかをより早く決断できるということです。今後は住宅診断を実施していない物件が、売れにくくなる未来が予想されます。

そうなったときにより売りやすくするためにも、建物の状況を第三者機関にチェックしてもらう必要があります。ですが、現状では住宅診断の費用は依頼者が負担するケースがほとんど。特に売り手が支払うケースが多いようです。

しかし、不動産会社のなかには、住宅診断サービスの費用を負担して実施してくれるところもあります。文京区内に拠点を構える会社のうち、西片土地と実用春日ホームが住宅診断サービスを実施している、と公式サイトに記載されています。

西片土地の住宅診断サービス

第三者機関が検査を実施し、検査項目にクリアしたうえで瑕疵保険に加入できます。保証される期間と金額は最大5年間・1,000万円までとなっています。

検査費用は西片土地に支払う仲介手数料が充てられるため、売主から新たに支払う必要はありません。

不動産の売却を西片土地に相談する

実用春日ホームの住宅診断サービス

同社が展開している売却あんしんサポートサービスのひとつで、引き渡しの後、最大1年間・建物分250万円、設備分10万円までの保証を受けられます。

不動産の売却を実用春日ホームに相談する

上記のように検査と保証を実施してくれる不動産会社を選べば、物件の不具合や不備が事前にわかるだけでなく、万が一トラブルが発生しても補修費用は保証されているので、売り手としても安心です。

物件の売却を相談・依頼する場合は、こうした検査・保証制度の有無も加味しながら不動産会社を選ぶのが良いでしょう。

このサイトは2018年4月時点の情報を収集・調査し、まとめて掲載したものです。不動産会社のサービス内容については、各社の公式サイトでご確認ください。

おすすめ!あなたの目的で選ぶ!
不動産会社はコチラ

  • 売買
  • 賃貸
  • 投資
文京区で信頼できる不動産屋さんリスト
【沿線別】文京区の不動産相場を調査
文京区内の不動産売却におすすめの会社をチェック
文京区の資産価値が安定していると言われるわけ
不動産を売却する際の4つの注意点

サイトマップ

文京区で信頼できる不動産屋さんリスト
【沿線別】文京区の不動産相場を調査
文京区内の不動産売却におすすめの会社をチェック
文京区の資産価値が安定していると言われるわけ
不動産を売却する際の4つの注意点

サイトマップ

まかせて安心!文京区で頼りになる不動産会社ガイド

ページの最初へ