まかせて安心!文京区で頼りになる不動産会社ガイド

絶対に失敗しない、文京区の,不動産会社を選ぶ方法を紹介します

まかせて安心!文京区で頼りになる不動産会社ガイド

まかせて安心!
文京区で頼りになる
不動産会社ガイド

絶対に失敗しない、文京区の不動産会社を選ぶ方法を紹介します

おすすめ!あなたの目的で選ぶ!
不動産会社はコチラ

戸建

文京区内で取引された中古戸建住宅の売却事例や相場、戸建住宅の多いエリア情報などを掲載しています。

文京区の戸建住宅売却事例

成約額 間取り/面積 築年 アクセス
3,490万円 3LDK
77.19m²
2014年 新大塚駅より徒歩5分
4,980万円 3LDK
72.42m²
1999年 千駄木駅より徒歩7分
4,980万円 2LDK
66.45m²
1951年 茗荷谷駅より徒歩5分
5,380万円 2SLDK
83.91m²
2017年 本駒込駅より徒歩5分
6,150万円 2LDK+S
83m²
2014年 雑司ヶ谷駅より徒歩8分

文京区の戸建住宅売却額相場

文京区では70m²台であれば3,000万円~5,000万円、80m²以上だと5,000万円が相場と言えます。また、築年数が10年以下の新しい物件は5,000万円~7,000万円、10年以上の物件であれば4,000万円~5,000万円ほどで取引をされています。

しかし築60年以上の物件でも5,000万円近い売却価格がつく場合もあります。

文京区の戸建住宅が多いエリア

文京区では大江戸線エリアや都営三田線エリアで戸建て住宅が多い傾向があります。具体的には小日向や関口、目白台、白山、本駒込が該当します。

こうした地域では今後、住宅を売りに出す人が増える可能性があります。仮にご自分が戸建住宅を売却するときに、他の人も売却に出していることも考えられます。

この場合、購入希望者にとっては比較対象が多くなって売れ残ったり、たとえ売れたとしても希望額に満たなかったりする可能性があります。

希望する条件で売却するためには、売りに出すタイミングや売り出し方を知っている不動産会社に依頼するべき。それも長期間、地域に密着して営業している不動産会社であればなおよしです。

このサイトでは文京区内に拠点を構える地域密着型の不動産会社のうち、特に信頼度が高く、物件の売却に強い3社を厳選してご紹介しています。物件の売却を考えているなら、ぜひ参考にしてみてください。

戸建て物件に査定額を高くするには?

誰でも持ち物件を売却するときは、高く売りたいと思うはずです。

戸建て物件には査定額を高くする、いくつかの条件があります。勿論、全てを該当させるということは難しいことだと思いますが、一つでも該当していれば高額査定が狙えるかもしれません。

築10年が経過する前に売却する

戸建て物件は、車やブランド品なんかと同じように一つの商品です。そのことから買手側の目線からしたら、新しければ新しいほど状態が良く商品価値があるように思ってもらえます。とくに建物の場合は、築10年以上経過してしまうと建物の自体の価格はグンっと下がります。そこから価格は、下落の一途を辿り30年を経過してしまうと価格は0に等しくなってしまいます。そのことから売却の決断は築10年以内か、それでなくても早ければ早いほど査定額が高くなります。

土地自体の価格

戸建て物件というのは、建物と土地の価格というのは別物で、建物と土地の価格を合計したものが査定額となります。

上記でも話しましたが、建物というのは築年数が経てば経つほど価格が下がり、それはどうしても避けられません。しかし土地の価格というのは、築年数というのは一切関係なく、下がることもあれば上がることもあります。そのことから建物よりも、その土地に価値があるか否かが大きなポイントになるのです。

文京区の場合、毎年発表される地価公示価格によると、土地の地価平均は日本で9番目に高く地価の上昇率も12位と土地としての価値は高いと言えます。

とくに「上野広小路」「水道橋」「御茶ノ水」周辺の地価平均は200万円を超えてきます。築年数が経ち、建物自体の価格は下落していても土地自体に価値があれば十分高額査定が狙えるのです。

未来の価格上昇が狙える土地である

上記でも話しましたが土地の価格は下がることもあれば、上がることもあるということで売りに出す戸建て物件の土地がこれから価値の出るものか否かも、高額査定を狙う上で大事なポイントです。

文京区の場合は現在、全体的に価格上昇している状態なので多くのエリアで戸建て物件の高額査定を受けられる可能性があります。しかし地価価格というのは株や金と同じように価格が変動していくものなので正直、売り時というものが難しいのです。高額査定を狙いすぎて、売るのを引き延ばしし過ぎてしまうと建物の価格と土地価格とも下落してしまう可能性もあるので、売却希望価格の目安を決めておくと良いでしょう。

複数の不動産屋から査定を受ける

査定額の決定

不動産の査定額というのは、住宅の状態や土地の価格などを加味して決定していくのですが、その査定額を決めるのは不動産屋と言われる会社です。しかし価格を定める明確な条件が一律で決まっているわけではなく、価格は自由に設定できます。そのことから不動産屋ごとに査定額にバラツキが出てきます。例えば、A不動産というところに戸建て物件の売却査定を依頼したとしましょう。A不動産は建物価格が500万円で土地の価格が1000万円と査定されると、合計されて1,500万円の査定額が提示されます。1,500万円という価格に納得するか否かということは売却者の考えによりますが、この金額が現段階で高いか安いかということは分からないのです。

B不動産に依頼してみると思わぬ結果に

1,500万円という価格に納得をして既に売却してしまったという人が、もしB不動産にも依頼していたらどうなったのか話していきましょう。B不動産では建物価格が400万円で、土地の価格が1,200万円を提示してきたとしましょう。この場合、建物の査定価格はA不動産より100万円も低くなってしまいましたが、土地の価格は200万円も高くなっているので結果的に戸建て物件の査定額は1,600万円となり、A不動産よりも100万円も多く高額査定を受けられたことになります。勿論、査定額が低くなってしまうこともありますが、A、B、C、D不動産と複数に不動産屋に査定を依頼しておけば、確実に高額査定が狙えるのです。

売るタイミング(季節)を合わせる

戸建て物件に限らず、不動産には売れやすい季節とそうでない季節があります。具体的に説明していくと、4月と9月前には不動産が売れやすくなります。理由は会社や学校での環境が変わる時期だからです。転勤や転職、入学など住居を替える方が増え、それに伴い新居を探すことになるのです。そのことから不動産が売れる確率が上がるのです。不動産は査定価格が付けられても、その価格で確実に売れるということではなく売買契約が成立しはじめて収益となるのです。いくら良い査定額が付いていても購入者がいなければ何の意味もありません。そこで購入者が多い時期に狙いを定めて不動産を販売させていきます。4月と9月に合わせるなら、その前にはマーケットに出して売らなければならないので3ヶ月前には購入者を募りたいところです。もし不動産が売れ残ってしまうと販売価格を下げて販売しなくてはならなくなってしまうので、購入者が多い時期を見極めて売却できる可能性を上げて、価格を下げさせないようにしていきます。

不動産屋に対して下手に出ない

今回度々話していますが、不動産の販売価格を決めるのは不動産屋です。そのことから不動産屋にうまくやり込められてしまうと、査定額を低くされてしまう可能性が高くなってしまいます。そもそも不動産屋には不動産屋を買い取って販売する会社と、依頼された不動産売買の仲介をして、そのマージンを貰う会社が存在します。前者の不動産屋は買取価格をなるべく下げて買い取って高く売りたいと考え、後者も売れやすくなるように査定額は下げて販売したいところです。そこで売却者が不動産の知識がなさそうな感じで下手に出てしまうと、査定額を下げられてしまうのです。

自分の持ち物なので上から意見を言っても構わない

日本人の特徴として遠慮しがちな方が多いですが不動産売却の場合、それをしていたら自分が損をしてしまいます。不動産屋のペースに巻き込まれてしまうと自分の意見が加味されないまま売買が進んでしまいます。まずは査定希望価格を明確にしておくこと。希望の査定額があるのならば、それを伝えるのは全然遠慮しなくても良いことなのです。相場価格とかけ離れている現実味のない価格は問題外ですが、周辺の類似物件と照らし合わせてどのくらいが妥当な金額かを把握しておきましょう。不動産は高額な査定額が付けられるもので、交渉次第では何十万〜何百万という幅が出てくるのです。そのことから自分の意見を明確に提示するべきなのです。

買い取って貰うではなく売ってあげるというスタンスで

あなたが不動産に限らず、ブランド品や車の買取を担当していると考えてください。売却者があなたのお店を訪ねてきたときに、その商品を買い取ってもらわないと生活もままならないといった感じだったらどうしますか?たとえその持ち込んできた商品が人気の商品や希少な商品でも、基準よりも少し低く査定額を提示しても売却しそうだと考えると思います。これは上記でも話しましたが、買取業者はなるべく商品を安く買い取って高く販売すれば利益率が高くなるからなのです。今回のこの戸建て物件を売るという目的でも同じことが言えて、「至急買い取ってもらいたい」「借金のあてにした」というスタンスでは、多少査定額を下げても売却してきそうだと思われてしまいます。そのことから「とりあえず話だけ聞いてみたい」「現在の査定額がどのぐらいか知りたいだけ」「希望の査定額を満たしたら売ることも考える」といったようなスタンスで望めば、不動産屋のペースに巻き込まれることはありません。

このサイトは2018年4月時点の情報を収集・調査し、まとめて掲載したものです。不動産会社のサービス内容については、各社の公式サイトでご確認ください。

おすすめ!あなたの目的で選ぶ!
不動産会社はコチラ

  • 売買
  • 賃貸
  • 投資
文京区で信頼できる不動産屋さんリスト
【沿線別】文京区の不動産相場を調査
文京区内の不動産売却におすすめの会社をチェック
文京区の資産価値が安定していると言われるわけ
不動産を売却する際の4つの注意点

サイトマップ

文京区で信頼できる不動産屋さんリスト
【沿線別】文京区の不動産相場を調査
文京区内の不動産売却におすすめの会社をチェック
文京区の資産価値が安定していると言われるわけ
不動産を売却する際の4つの注意点

サイトマップ

まかせて安心!文京区で頼りになる不動産会社ガイド

ページの最初へ