まかせて安心!文京区で頼りになる不動産会社ガイド

絶対に失敗しない、文京区の,不動産会社を選ぶ方法を紹介します

まかせて安心!文京区で頼りになる不動産会社ガイド

まかせて安心!
文京区で頼りになる
不動産会社ガイド

絶対に失敗しない、文京区の不動産会社を選ぶ方法を紹介します

おすすめ!あなたの目的で選ぶ!
不動産会社はコチラ

子育て環境が整っている

文京区が常に「住みたい街」にランクインする理由を紹介します。

教育水準の高さと充実の子育て制度

文京区に繁華街はなく、際立って目立つ施設もありません。しかしながら例年、23区内の「住みたい街」上位としては常連でもあります。

人を魅了する文京区の秘密は、教育水準の高さと充実の子育て制度にあるのです。

文京区は教育の街

まず文京区と聞いてイメージするのは、アカデミックな雰囲気ではないでしょうか?

区内には東京大学や東京医科歯科大学、お茶の水女子大学などの国立の名門校があります。

また、JR目白駅から降りれば、すぐ向かいには学習院大学。ほどなく日本女子大学。日本女子大学を背に神田川方面へ坂を下れば、区は超えますが早稲田大学へも徒歩圏内。狭いエリア内に、国立・私立の名門大学が多く存在しているのが文京区の特徴です。

また、名門の中高一貫私立が多いことでも知られています。23区内で4番目に面積の小さな区であるにも関わらず、私立中学・高校の数は2番目という多さです。

小学校も充実しています。都内にある6つの国立小学校(東京学芸大学付属小学校世田谷・小金井・竹早・大泉、お茶の水女子大学付属小学校、筑波大学付属小学校)のうち、3つはこの狭い文京区内にあります。

それだけが理由ではないでしょうが、文京区には我が子を国立小学校に入学させたいと考える、多くの子持ち夫婦が転入してきます。そのため、全体的に小学校教育に意識の高い保護者の比率が高くなり、それはすなわち中学受験の発想へとつながります。

文京区の小学生のうち、中学受験をする児童の比率は具体的には公表されていませんが、23区でもトップレベルであることは間違いないでしょう。

こうした区全体の教育への意識の高さは、普通の区立小学校のボトムアップへもつながっています。文京区の区立小学校に入れたいと、他区からの越境者もいるほどです。

文京区の子育て制度

文京区は、子育て支援の盛んな街。区も行政の立場から積極的に子育て制度の充実を図っています。

一例を挙げれば、子供を一時的に預かってくれる「保育施設キッズルームかごまち」、子供を24時間預かってくれる「子どもショートステイ」、ベビーシッターの利用を補助する「子育て訪問支援券」、子供だけでなく親も参加できる情報交換の場「子育てひろば」、病児シッターの利用を補助する「訪問型病児・病後児保育利用料助成制度」などなど。他にもたくさんの子育て支援制度があり、今後もますます子育て環境を充実させていくとの区の方針です。

区全体に浸透した子供を大切にするという発想は、街全体が子供を守るという雰囲気を作り出しています。文京区は23区内で最も犯罪件数が少ないとの統計がありますが、これは、街全体で子供たちを守っている緊張感が一要因にもあるでしょう。

ちなみに、犯罪の少ない文京区の中でも、特に春日、本郷三丁目、本駒込、茗荷谷、江戸川橋の犯罪率が際立って低いとの統計があります。子供たちはもとより、一人暮らしの女性などにも最適なエリアと言えるでしょう。

2010年、文京区長が2週間の育児休暇を取得

区長が率先して育児休暇をとることで、文京区が子育てのし易い区であることをアピール。また、これは今後もさらなる子育て制度の拡充を図っていく、という意志表明でもあるでしょう。

文京区にある人気の小学校特集!

上でも少し触れましたが、文京区には人気の小学校がたくさんあります。具体的に、どのような小学校があるのか紹介します。

国立小学校

  • お茶の水女子大学附属小学校
  • 筑波大学附属小学校
  • 東京学芸大学附属竹早小学校

私立小学校

  • 日本女子大学附属豊明小学校

越境されるほど人気の区立小学校

  • 誠之小学校
  • 千駄木小学校
  • 昭和小学校
  • 窪町小学校

以上4つの文京区立小学校を指して、ママさんたちの間では「3S1K」として知られています。また、最近では本郷小学校も人気です。

文京区の子育て支援制度が充実しているわけ

文京区は子育て支援の面で、かなり先進的な取り組みをしているので、お子さんを持っているファミリー層や、これから出産を控えている妊婦さんの家庭などには適している行政です。文京区が子育てに向いているのはそういうわけなのですが、最近では待機児童の問題など子供に関する問題が表面化してきており、住むのにも地域を選ばないといけない時代になってきました。

政府は、平成27年の「子ども・子育て支援新制度」が設けられ、特に幼児教育や保育の充実を図ろうとしています。子育関連3法という、子ども・子育て支援法、認定こども園法の一部を改正する法律、関係法律の整備等に関する法律からなるもので、こうした国の動きに文京区がいち早く取り組み始めたということになります。

文京区の子育て支援制度の実例

では、実際に文京区で子育てをするメリットはどのようなものがあるのでしょうか?制度を見ていきましょう。

子育て訪問支援

子育て訪問の費用などを安くする制度で、ベビーシッターを利用する上で、文京区が資金を一部負担する制度です。これは嬉しいですよね、どうしても家を空けないといけない、外出する用事があるけど子どもがいる。夫も仕事で手が離せない。こうした時に文京区が支援してくれることで急な外出などにも安心して、また負担も軽くいけるのでいいですね。

こちらの制度は、満2歳未満の乳幼児の保護者で、文京区に住所がある方が対象になります。また、利用には出生届提出後の子育て訪問支援の交付を受ける権利が得られますので是非活用するべきではないでしょうか。

子育て短期支援制度

先ほどは資金面の支援ですが、こちらは預かり制度を区で行っているものです。民間のベビーシッターさんなども良いですが、区が運営しているので安心ですよね。こちらは、泊りがけのショートステイ事業というものと、夜間のみのトワイライトステイ事業というものがあります。ショートステイは24時間で6000円。トワイライトステイは一度に2000円と大変お得なサービスです。こちらは文京総合福祉センターで行われ、1日3名限定の満2歳から小学6年生までと幅広い年齢の子供が対象になります。様々な条件や詳細が異なりますので、文京区のホームページなどを参照してみましょう。

子育て短期支援事業利用者負担軽減・利用料助成制度

こちらは対象となる方の制限があるのですが、保育所やベビーシッターサービスが全額ないし半額になる大変お得なサービスです。こちらの対象になるのは、文京区に在住で、前年度の住民税が非課税の世帯または、生活保護を受給している世帯となります。

子ども医療費助成

こちらは文京区にお住いのお子さんが医療機関で診断を受けた際に、診察費を区が負担してくれる制度です。こちらは幼児だけではなく中学3年生まで可能であったりするので、詳しくは詳細を確認してもらうとスムーズです。これは大変嬉しい制度ですよね。保険があって自己負担が減るとはいえ、子どもが病気にかかった際にこうして全額負担になるなんて、いつ病気になっても安心とまで言いませんが、経済的負担も軽減され大変お得なサービスです。

まるごと子育て応援事業

こちらは、文京区お施設を遊び場として提供するサービスで、未就学児と保護者さんに対して区の体育館やグラウンドを貸し出ししてくれるサービスになります。あおぞらすくすく広場として、定期的に解放してするなどしています。また、親子すくすく教室として後楽公園の少年野球場などを親子さんで参加の教室を年に何度も行っており、参加することもできます。これなら、地域のママ友や友人、知人作りにも活用できますし、お子さんも喜ぶのではないでしょうか。

子育てサークル

文京区さんでは、子育て中の悩みや不安などを取り除けるように、ママ友の交流場などの面として情報交換できる場を設けています。文京区のシビックセンターや区の施設で定期的に開催されており、おしゃべりルームやサタデーパパママタイムなどとして、年齢別に生後0から3ヶ月目のお子さんを対象にしたもの、第一子で生後4ヶ月から1歳未満のお子さんを対象にしたもの、また双子を対象にしたものなど種々の交流を推進していますので、自分の対象の会に参加してみれば、不安も解消できて精神的にも楽になるでしょう。

地域子育て支援拠点事業

こちらは、文京区で支援などの活動を行っている団体の開設や運営に必要な資金を負担してくれる制度になります。それほど大きな組織でなくても、サークル感覚で子どもの親御さんたちのゆるい活動団体などを支援してくれるので、文京区は子育てに手厚いということがよくわかりますよね。自分で設立などするタイプでないという人も、少しは参考にしてトライしてみるのも良いでしょう。

こんにちは赤ちゃん訪問

こちらもサークルではないですが、精神的なサポート制度として、赤ちゃんで生後4か月目での親御さんを対象としたもので、相談員が家庭に訪問してくれるので大変便利です。わざわざ外出しなくても良いですから、お子さんがいても安心ですよね。赤ちゃんの体重測定などから、体調についての相談、子育てに関する知識などを相談員として、助産婦さんや保健師が家庭訪問に参ります。こちらを受けるのには、母と子の保険バックの出生通知表などが必要となりますのでご確認ください。

妊婦健康検診

妊婦さんに対しても支援制度があり、健康状態を調べるための検診の費用が軽減されます。妊娠確定後の検診14回分と超音波検査3回分、ガン検診なども受けることができます。内容としては、体重、血圧検診から血液検査、C型肝炎や風疹なども検診できます。医療機関として文京区の施設に委託しているので、大変便利です。費用的にもお得なサービスですし、精神的にもこうしたサポート制度があると落ち着いて暮らすことができますね。

出産前及び出産後小児保健指導

具体的な健康診断ではないですが、精神的な相談サービスとして出産前や出産後の相談や病院の紹介などを受け付けている制度です。知識がない人や、初めての出産で不安な方には知識のある専門のスタッフが相談に乗ってくれるので大変嬉しい制度ですね。こちらは妊娠後期の方から出産4ヶ月に満たない方やその家族が対象になり、受けたらいい産婦人科や小児科のあっせんや紹介まで行っているので、どの病院をかかりつけにしたら良いかわからない人にとっても大変嬉しい制度です。

妊婦歯周疾患検診

妊婦の場合の病気の場合の治療費を軽減する制度もあります。こちらは妊婦さんの歯科の検診をうけられる制度で、歯周病などにかかりやすくなる妊婦の方のために検診を文京区に在住の妊婦さんが受けることができます。内容としては口腔内検査や歯の検査や保健指導などを受けることができます。母子手帳交付の時に同封しているので、受けた方が今後の健康のためにもお得な制度です。

文京区の子育て支援・妊婦さんへの支援制度について

このように文京区には都や国が行う子育て支援や妊婦さんへの支援制度の他に、区が独自で行っているものも多くあります。中には国がやっているからどこに住んでも同じとい思う人もいるかもしれませんが、文京区は手厚い保護がありますし、共通で国の支援制度があったとしてもそのあたりも優しく親身になって支援制度を受けさせてくれそうです。施設なども充実しているので、子育てしながら文京区に住むのはお勧めですね。

このサイトは2018年4月時点の情報を収集・調査し、まとめて掲載したものです。不動産会社のサービス内容については、各社の公式サイトでご確認ください。

おすすめ!あなたの目的で選ぶ!
不動産会社はコチラ

  • 売買
  • 賃貸
  • 投資
文京区で信頼できる不動産屋さんリスト
【沿線別】文京区の不動産相場を調査
文京区内の不動産売却におすすめの会社をチェック
文京区の資産価値が安定していると言われるわけ
不動産を売却する際の4つの注意点

サイトマップ

文京区で信頼できる不動産屋さんリスト
【沿線別】文京区の不動産相場を調査
文京区内の不動産売却におすすめの会社をチェック
文京区の資産価値が安定していると言われるわけ
不動産を売却する際の4つの注意点

サイトマップ

まかせて安心!文京区で頼りになる不動産会社ガイド

ページの最初へ