まかせて安心!文京区で頼りになる不動産会社ガイド

絶対に失敗しない、文京区の,不動産会社を選ぶ方法を紹介します

まかせて安心!文京区で頼りになる不動産会社ガイド

まかせて安心!
文京区で頼りになる
不動産会社ガイド

絶対に失敗しない、文京区の不動産会社を選ぶ方法を紹介します

おすすめ!あなたの目的で選ぶ!
不動産会社はコチラ

実際の不動産価格の推移は?

過去35年分の文京区の地価推移と不動産価値についてまとめています。

文京区エリア別の地価

2017年度の地価公示によると、文京区の地価は平均で1m²あたり105万円、坪単価は347万円でした。これは全国・都内ともに9位と非常に高い水準です。

特に文京区の中でも上野広小路エリアは1m²あたり266万円、坪単価879万円、次いで水道橋エリアが1m²あたり234万円、坪単価775万円、御茶ノ水エリアが1m²あたり212万円、坪単価が703万円という結果です。

特に東京メトロ有楽町線の駅までの距離が近い土地ほど地価も高くなる傾向があります。

一方、根津エリアは1m²あたり74万円、坪単価245万円、駒込エリアは1m²あたり77万円、坪単価255万円、新大塚エリアは1m²あたり79万円、坪単価264万円と、文京区の中では比較的地価が低いエリアとなっています。

しかし、全国平均の地価は1m²あたり16万円、坪単価56万円なので、全国レベルで見ると圧倒的に地価が高いと言えます。

文京区の地価推移

続いて、文京区の地価の推移について、過去35年間で見てみましょう。1983年には1m²あたり55万円、坪単価183万円でしたが、その後バブル期に入り地価は上昇。

1990年にはピークを迎え、1m²あたり347万円、坪単価1,149万円にまで上昇しました。その後2000年まで地価が下降を続け、2003年には1m²あたり80万円、坪単価264万円となりました。

その後は坪単価270万円~300万円くらいの範囲で推移していますが、2014年頃からアベノミクスによる景気回復と東京オリンピックに伴う土地の需要が高まり、上昇基調に。2017年には坪単価347万円と、9年ぶりの高水準となっています。

首都圏値上がりする街ランキングで3位にランクイン

2013年、不動産鑑定会社の株式会社東京カンテイが発表した、「首都圏値上がりする街ランキング」で文京区3位に選ばれました。

このランキングは「地域のブランド力」や「再開発エリア」、「都心に近い」という3つの要素をもとに選出されます。文京区は歴史も長く高級住宅地として有名で、都心にもアクセスが便利であること、開発の余地が残っていることからランクインしたと考えられます。

事実、ランキングが発表された2013年から文京区の地価は上昇を続けています。今後も文京区の地価の推移には目を離せません。

このサイトは2018年4月時点の情報を収集・調査し、まとめて掲載したものです。不動産会社のサービス内容については、各社の公式サイトでご確認ください。

おすすめ!あなたの目的で選ぶ!
不動産会社はコチラ

  • 売買
  • 賃貸
  • 投資
文京区で信頼できる不動産屋さんリスト
【沿線別】文京区の不動産相場を調査
文京区内の不動産売却におすすめの会社をチェック
文京区の資産価値が安定していると言われるわけ
不動産を売却する際の4つの注意点

サイトマップ

文京区で信頼できる不動産屋さんリスト
【沿線別】文京区の不動産相場を調査
文京区内の不動産売却におすすめの会社をチェック
文京区の資産価値が安定していると言われるわけ
不動産を売却する際の4つの注意点

サイトマップ

まかせて安心!文京区で頼りになる不動産会社ガイド

ページの最初へ